漫才劇場研究室

毎週水曜12:00~主に漫才劇場(マンゲキ)や前身の5upよしもと・baseよしもとの芸人、その出演番組について語ります。

MENU

祗園とかいう芸人【木崎・櫻井】

レッドルーム(@Red_Room_A)です。

 

 

デビューから賞獲得まで

2008年結成。翌年には当時のbaseよしもと・1軍、ワラbメンバーに昇格している。

 

木崎のナルシストキャラを活かした漫才師として知られているが、スタートは正統派漫才で木崎がツッコミ。

 

当時発売された「凸base2009」(収録は2008年)というDVDでその姿を見ることができる。

 

ワラbメンバーに上がって来た頃にはコントに転身していた。

 

ツレがゴキブリを飼っているなど、アクのあるコントが多かった。

 

現在の漫才劇場の横並びとは違い、とにかくこの世代はジャルジャルモンスターエンジン等が同じ1軍にいたため、なかなか仕事が回ってこなかった。

 

baseよしもと閉館後の5upよしもとでは上述の芸人達が入れ替え戦なしの0軍、ゼロメンバーとなったため、特にその傾向が強い。

 

漫才劇場のスタイルは入れ替え戦がないため、ファンから非難もされたが、若手発掘のために最適だと思う。

 

base・5upの頃は賞レースに優勝しても旨味はなかったが、現在は仕事が割り振られるようになっていることが証拠だ。

 

実力はあるが、賞がなかった祗園だが、2016・2018年に獲得する。

 

特に、2018年の上方漫才大賞・新人賞の獲得が大きかった。芸歴11年目の事である。

 

マクドナルドのポテトが焼きあがる音が

「♪キザキ♪キザキ」

 

おっさん芸人の憧れ

現在は「せやねん!」に加入し、「よんチャンTV」・「らじこー」のレギュラー、「キメツケ!」のリポーターとして出演中。

 

red-room-a.hatenablog.com

 

大阪ほんわかテレビ」では木崎が藤崎マーケット・トキと

「トキザキ」

として稀に出演。

 

それに対する新ユニットとして、櫻井と田崎による

「タサクライ」

も一度だけ登場した。

 

せやねん!では

月収が50万円に到達した月があることも自ら暴露。

 

担当するコーナーの「祗園の磨キッス」では大概、どちらかが出向いた施設の人に怒られている。

 

また、何故か番組内で櫻井は「ギャルさく」として出演している。

 

人気も上々で、過去に出演していた「バズ★ナイトナマー!」ではSNS動画の再生数上位3組がスタジオ出演できるのだが、ラニーノーズらと共にほぼ毎回スタジオにいた。

 

先日、放送された「過ぎるTV」のおっさん芸人企画では、タナからイケダマイスイートメモリーズの花谷、パーフェクト・ダブル・シュレッダーの門野がまず目標としたい芸人として挙げられていた。

 

仕事があって、レギュラーも数本あって、人気もある近場の後輩だということが理由っぽい。

 

あと、まったく話は変わるが、櫻井はグルグルバットで真っすぐ歩けたり、YouTubeミニマリストぶりを発揮していたりする。

 

red-room-a.hatenablog.com

 

red-room-a.hatenablog.com