漫才劇場研究室

毎週水曜12:00~主に漫才劇場(マンゲキ)や前身の5upよしもと・baseよしもとの芸人、その出演番組について語ります。

MENU

笑い飯のおもしろテレビとかいう番組【モンスターエンジン・スーパーマラドーナ】

レッドルーム(@Red_Room_A)です。

 

 

笑い飯を支えた

2013年、千鳥の東京進出に伴い、サンテレビ笑い飯・千鳥の舌舌舌舌』が終了。同枠で新たに始まったのが『笑い飯のおもしろテレビ』である。略称はおもテレ。

 

red-room-a.hatenablog.com

 

舌舌との違いは、番組冒頭にトークコーナーが新設されたことと、途中にロケ企画が挿入されるようになったこと。

 

前者では、吉本100周年を記念してと前振りがあり、トークテーマが発表されるが、翌年も101周年として続行した。

 

後者では、モンスターエンジンスーパーマラドーナが数か月の間、ロケを担当。

 

M-1優勝後のバブルも落ち着いた当時、笑い飯はレギュラー番組がこれ1本しかなく、テレビの露出が激減していた。

 

西田はこの番組をえらく気に入っていたようで、関西テレビ『ジャルやるっ!』の『キャッシングシャッター』という逃げるゲストをジャルジャルが捕まえる企画で、あろうことか他局であるサンテレビに逃げたことがある。

 

守衛を顔パスで突破できると豪語していたが

見事に止められていた。

 

関西テレビのカメラを連れて、局内に貼ってある番組ポスターを1枚1枚見ながら紹介した。

 

2016年に番組は終了するが、関西テレビ千原ジュニアの座王』で西田の才能が再確認され、現在はテレビ出演が増えている。

 

red-room-a.hatenablog.com

 

おごそかトーク

番組でよく行われていた企画で、トークのオチをフリップに記入。早さを選び、滑車を使用してオチの際に見せるという斬新な企画。

 

よしもとサンサンTV』時代から行われている、いわゆる劇場のゲームコーナー企画の最たるものであった。

 

red-room-a.hatenablog.com

 

最終回

収録のほとんどが行われていたこともあり、新長田でモンスターエンジンスーパーマラドーナとロケ。

 

サンサンTV(厳密には最終回の1回前)でも同様の企画が放送されていた。

 

途中、捨てられたゴミを見て熱くなった武智が近くのおじさんと語り出し、おじさんも血が上ってしまうが、再度、遭遇した際は普通のおじさんに戻っていた。

 

何故か西森はボロボロになったパイロンに夢中に。

 

最後、収録が行われていたArtTheater dB Kobeに到着し、ストリークを解散した山田スタジアムが登場して番組は終了した。

 

同枠は30分に縮小して、『アキナ・和牛・アインシュタインバツウケテイナー』に引き継がれた。

 

red-room-a.hatenablog.com

2時45分からはスローでイージーなルーティーンでとかいう番組【アキナ】

レッドルーム(@Red_Room_A)です。

 

 

押し売り

平日午後に放送される帯番組だが、やってることは主婦に対する

漫才劇場芸人の押し売り。

 

ほぼ毎回、冒頭にネタ披露のコーナーがあり、漫才劇場の芸人1組が出演し、その後も少しトークに参加する。

 

例外として、松竹の芸人が出演する際もあるが、

ガクテンソクは漫才劇場芸人扱い。

 

後述の水曜MCも担当した。

 

静止画でしか見たことない、初めて動いているのを見る芸人も多い。

スナフキンズとか。

 

MCは

月曜:見取り図

火曜:アキナ

水曜:日替わり

木曜:ゆりやんレトリィバァ

金曜:ミルクボーイ

 

red-room-a.hatenablog.com

 

red-room-a.hatenablog.com

 

水曜MCは全国区の芸人か、漫才劇場の人気芸人が担当する。

 

後者で現在までに担当しているのは、からし蓮根、さや香ツートライブネイビーズアフロコウテイラニーノーズ滝音、エルフ。

 

実際の効果だが、銀シャリは平日朝の同局『よ~いドン!』に出演し、主婦の知名度が激増したらしい。

 

少なくとも、MC組には効果がありそうだ。

 

オープニング

盛山あるいはゆりやんの番組オリジナルラップをVTRで放送。

 

アキナ曰く、

自身の出演部分が恥ずかしい。

 

マスコット犬「テス」がウロウロしている状態(欠席も多い)で番組はスタートするが、いつの間にかいなくなる。

 

おそらく、芸人のネタ中に乱入しないようにするため。

 

ゲストを紹介し、タイトルへ。

 

水曜を除き、女性タレントをゲストに迎えるが、週4日分の枠と関西という条件から、だいたい出てる人はいっしょ。

 

令和喜多みな実・河野夫妻が出演したこともあった。

 

水曜はNMB48の小嶋花梨とその卒業生、福本愛菜が交代で出演。

 

その後はCMまでまだ時間があるから、なんとかしてつなげと天の声に指示されることが多い。

 

企画

ネタ披露の後は曜日によってコーナーが異なる。エクササイズのコーナーとニュースを挟んでエンディングだが、

主婦向け過ぎておもろない。

 

ただし、水曜の料理企画はボケの芸人がやりたい放題なので例外。

 

特定曜日のオープニングとネタとエンディングだけしか見てない。

 

視聴率などの情報は出ていないが、1年で打ち切りになっていないことや、よ~いドン!の前例を考えると、何が人気になるか分からない。

 

そもそも、よ~いドン!もそうだが、録画してガン見する番組ではない。

 

主婦がながら見する番組である。

 

ということで、みんなも飯を食いながら、ながら見しよう。

 

誰がネタをするのかは正直、毎回楽しみ。

 

red-room-a.hatenablog.com

アインシュタインとかいう芸人【稲田直樹・河井ゆずる】

レッドルーム(@Red_Room_A)です。

 

 

風の噂

元・バンパイアの稲田と元・河井山名(やじろべえ)の河井ゆずるのコンビで、東京進出を機に漫才劇場を卒業した。

 

稲田がNSCに入学した2005年、NSCや大阪・吉本が揺れたらしい。

 

モンスターエンジンの西森がスーパーで彼を目撃しており、怖がっていた。

 

誰も見たことないくらいシャクレていて、歯はガタガタで8割方足りておらず、禿げており、ガリガリ

 

これはそのエピソードを披露した際の表現だが、まさかそんなもんは存在しないと全員が思っていた。

 

その後、バンパイアは若干のテレビ出演があったくらいで解散。

 

河井とアインシュタインを組むことになるのだが、舞台では稲田の化け物ぶりに周囲の芸人達から

河井を返せ!

 

と言われていた。

 

また、知らない外国人に指をさされながら言われた言葉を検索すると

腐った豆腐だったらしい。

 

さらに、額の色を検索するアプリを使うと

銀鼠と出たらしい。

 

とにかく、見た目に関するエピソードが絶えない。

 

プロデューサー・河井

一方で、相方の河井は同期の天竺鼠かまいたち藤崎マーケットに対抗すべく、アキナ(当時は現・ジュリエッタの藤本を含めたソーセージ)、和牛、アインシュタインでアキナ牛シュタイン(当初はソーセ牛シュタイン)のユニットを結成することを提案。

 

すると、徐々に人気が集まり、まずはアキナと和牛がTHE MANZAIの決勝に進出。

 

アキナがKOCの決勝にも進出するようになると、関西でのレギュラー番組が増え、和牛はM-1決勝の常連組となり、後に東京進出。

 

そこからいくらか遅れてアインシュタインもブレイク・東京進出を果たす。

 

その合間にはサンテレビで『アキナ・和牛・アインシュタインバツウケテイナー』がスタートし、現在はさや香ラニーノーズネイビーズアフロに引き継がれている。

 

red-room-a.hatenablog.com

 

ちなみに、ユニットの人気が全然なかった頃、稲田が今日もチケットが売れなかったと肩を落として楽屋に戻ると、

必ず水田が先にいたらしい。

 

コンビ仲

昔はよくなかったらしい。アキナや和牛は、河井が稲田を怒鳴りつけているところをよく見かけたとか。

 

いくら言っても見た目を奇麗にしてこない、遅刻をするなどが重なったらしい。

 

アキナ・秋山がなだめようとすると

河井「組んでないから分かんないんすよ!」

 

とキレられたらしい。

 

言い続けて、解散すらも頭をよぎった頃、ようやく稲田が重い腰を上げ、見た目を改善。

 

これが功を奏したのか、徐々に仕事が増えていったらしい。

 

red-room-a.hatenablog.com

かまいガチとかいう番組Ⅲ【かまいたち】

レッドルーム(@Red_Room_A)です。

 

 

これまでの見どころ

今回も、思い出に残る回を紹介。

 

red-room-a.hatenablog.com

 

話し合いで決定 ガチオンエア会議

ゲスト含む出演者の企画を敢行し、どの企画をどの順番でオンエアするか、どれをお蔵入りさせるかを協議する。

 

放送では、会議から始まり、その合間合間に企画VTRが挿入される形となっている。

 

そして、ゲスト選びに癖がある。

 

これまでに3回放送されており、初回ではゲストに

クロスバー直撃が抜擢。

※同期:ジャルジャル銀シャリ、アキナ・秋山、プラスマイナス

 

大阪で活動後、東京へ進出。前野がR-1の決勝に進出する以外、特に目立った活躍はなかったが、最近は当番組や『かまいたちの知らんけど』に稀に出演するようになった。

 

第2回ではゲストに

ですよ。が抜擢。

 

言わずと知れたエンタ芸人。トークが全然ダメだったが、みんなで「あーいとぅいまてぇーん」をやるなど、企画の軸になった。

 

第3回ゲストは

爆笑問題

 

23時台に進出して、ゲストが豪華になった。

 

シャッフル漫才や曲に合わせて踊りながら紙をゴミ箱に入れるゲームなどを敢行。

 

特にシャッフル漫才において、

やはり、太田はヤバかった。

 

ガチで早押し無双になろう

濱家曰く、山内の弱点は早押しが弱いことらしい。

 

そこで、とにかく早く押せるように様々な企画に挑戦後、世の中のあらゆる種類のボタン(バスの次止まります等)が集められた部屋に放り込まれる。

 

自身は押してはいけないのにもかかわらず、目の前でボタンを押され、ムラムラするなど、発狂しそうになりながら、最後には大喜利に挑戦するものの・・・。

 

出題されたのは早押しが活きないお題だった。

 

ガチジェントルマン王決定戦

誰が一番紳士っぽく振舞えるかを競う。

 

山内がセクシー店員の乳をガン見するなどのトラブルがあったが、いくつかの企画に挑戦し、ジャングルポケット・斎藤が優勝。

 

ここで、カンペが。

 

今までのはあくまでカメラの前での振る舞いであり、普段の行いを確認するため、実は隠しカメラを仕掛けていたという。

 

収録前の番組SNS撮影時に女性ADがオナラをしてしまう。

 

この時の映像をこれから見るというのだ。

 

各出演者がスルーする一方、

山内「屁した?」

山内「めっちゃ屁してた」

山内「オナラしてた ウハハハハハ」

山内「めっちゃオナラしてた」

 

濱家「全然ジェントルじゃない」

 

笑いに変えた方がいいと思ったらしい。

 

red-room-a.hatenablog.com

笑い飯・千鳥の舌舌舌舌とかいう番組【かまいたち】

レッドルーム(@Red_Room_A)です。

 

 

サンサンTVの後釜

サバンナ司会の「よしもとサンサンTV」に代わって、同枠で放送開始。

 

red-room-a.hatenablog.com

 

「舌舌舌舌」と書いて、「ベロベロタンタン」と読む。略称は「舌舌(ベロタン)」。

 

企画段階では、「舌舌」と書いて、「ベロベロ」あるいは「タンタン」と呼んでいたが、西田の発案により、上述の番組名となった。

 

サンサンTVとの違いはネタのコーナーが無くなり、舞台上で行われるゲーム企画に統一された(ただし、開始当初は無限大ホールからチーモンチョーチュウ等、東京芸人のネタを放送)。

 

前説は前番組と同じく、女と男などが担当。

 

収録も引き続き、長田区のSITE KOBEで行われていたが、途中から同区のArtTheater dB Kobeに変更となった。

 

千鳥の東京進出に伴い、終了後は「笑い飯のおもしろテレビ」、放送枠を縮小して「バツウケテイナー」、「バツウケテイナーR」と続く。

 

red-room-a.hatenablog.com

 

red-room-a.hatenablog.com

 

瀬戸弄りなどおもしろい場面は数々あったのだが、その中でも2つの神回を紹介したい。

 

フリが80点でオチが2点の話

神回その1。初期の企画で、ゲストはかまいたち

 

ルールは、交代でタイトル通りの話を披露し、合っていれば得点が入るというもの。

 

それぞれのトークタイトルとフリ・オチの点数がホワイトボードに示される。

 

とにかく、フリで高すぎないものの、そこそこの期待をさせた上で、オチがおもしろくないがっかりな話をしなければならない。

 

という、6人の感性が試される企画のはずだった。

 

が、テーマに合った話を披露したかまいたちを陥れるために、誰かがこんなことを言い出した。

「オチ、2点て言ってた?」

「次点じゃなかった?」

 

結果、オチの欄には次点と記入され、事実上の失格扱い。

 

エスカレートしていき

「フリって言ってた?」

「フイじゃなかった?」

「天の声の人も言い方で笑わせようとしてない?」

 

味を占めたおそらく、スタッフであろう天の声もこのノリに便乗し、言い方で笑わせようとするも

「フ・・・フイっ(笑)」

 

もはや、文言の書き換えと天の声の喋り方だけの企画となってしまった。

 

ソラシド・水口を置いていこう

神回その2。東京へ進出したソラシドの水口だが、かなり調子に乗っており

「舌舌が東京に進出しても俺に出てほしがってるから、今度、サンテレビが出した新幹線代で収録に行ってくる」

などと周りに言いふらしていたらしい。

 

そこで、一泡吹かせるために4人が立ち上がった。

 

企画は超簡単。5人でロケをし

ちょうどいいタイミングでロケ車へ逃げて発進し、水口を置き去りにする。

というもの。

 

服屋へ行き、着替えの際に作戦を実行した際、

水口が万引きと疑われていた。

 

あと

ロケ車の中から見るリアガラス(後部のガラス)越しに走って着いてこようとする水口がツボ。

 

red-room-a.hatenablog.com