漫才劇場研究室

毎週水曜12:00~お笑いファンが主に漫才劇場(マンゲキ)や前身の5upよしもと・baseよしもとの芸人、その出演番組について語ります。

MENU

ミルクボーイの伝説少年とかいう番組Ⅲ【ダブルアート、若葉のころ、らいおんうどん】

レッドルーム(@Red_Room_A)です。

 

 

突然の休止と復活

毎週火曜日の11:00に放送されており、最新数回分をeo光テレビのホームページで見ることができるのだが、9月の下旬を最後に何の告知もなく、更新が途絶えた。

 

以前、放送された伝説の364番勝負のページを見ると、修正・差し替えを行ったとの記載がある。

 

該当する回は、ダブルアート・タグがゲストのオリジナルゲームを敢行しており、

30分のほとんどを肌色の物体が動き回っていた。

 

red-room-a.hatenablog.com

 

見たときは気付かなかったが、

おそらく、チ〇コが出た。

 

そのため、再発防止や今後のあり方を協議していたのだろう。

 

1か月後、何事もなかったかのように放送再開。

 

ホームページでは「復活」の文字はあるが、番組内では何も触れず。

 

復活1発目はコマウツミで、事件よりも前に撮られたものの可能性が高い。

 

番組が終了となった場合は、ホンマの伝説になっていた。

 

ちなみに、まったく関係ない話だが、GAORA「ろくでなしミトリズ」の運動会企画で、ミルクボーイが裸になる機会があった。

 

red-room-a.hatenablog.com

 

身に着けているものをすべて脱いでゴールする徒競走で、他のメンバーがゴール前で脱ぐ中、スタート地点でいち早く脱ぎ終えた駒場

肌色の物体として通り過ぎた。

 

らいおんうどん

センチメンタル騒動で、ヘンダーソンジソンシンを煽った挙句、次のターゲットとして、解散したばかりのしげみうどん(元・キャタピラーズ)に照準を合わせた。

 

red-room-a.hatenablog.com

 

ユニットの相方候補として、ガオ~ちゃん、もっち、下川はじメロディ、もみちゃん☆ズが登場。

 

R-1に出れなくなった芸人の救済企画ではない。

 

結果として、ガオ~ちゃんとのユニットを組むこととなり、ミルクボーイからM-1のエントリーフィーがプレゼント。

 

しばらくした後、らいおんうどんとなった2人がライブに出る様子をオンエア。

 

ガオ~ちゃんがネタの作成を担当しているらしい。

 

さらに、伝説少年のADにしげみうどんの妹がおり、ディレクターデビューとなった。

 

映像を見たミルクボーイは字の間隔がおかしいといった指摘や、漫才に対するガチのアドバイスをしていた。

 

オンエアはここまでだが、M-1の結果をチェックしてみると、らいおんうどんは2回戦敗退であった。

 

一方、ジソンシンを解散し、元・きみどりの古田と若葉のころを結成した酒井は3回戦敗退。

 

M-1前に新たなコンビで伝説少年に呼ばれた際は、

味を占めた番組にえらい弄られようであった。

 

駒場「ラブラブお兄さん」

 

red-room-a.hatenablog.com

red-room-a.hatenablog.com