漫才劇場研究室

毎週水曜12:00~主に漫才劇場(マンゲキ)や前身の5upよしもと・baseよしもとの芸人、その出演番組について語ります。

MENU

ミルクボーイの伝説少年とかいう番組【漫才劇場】

レッドルーム(@Red_Room_A)です。

 

 

eo光チャンネル発

ミルクボーイの冠レギュラー番組「ミルクボーイの伝説少年」。略称はミル伝。

 

red-room-a.hatenablog.com

 

eo光チャンネル制作で、サンテレビ広島テレビでも放送されているが、ケーブルテレビの番組が民放で放送エリアを拡大していくのはかなり珍しい。

 

ホームページでは最新数回分を全世界から視聴可能。

 

同じ漫才劇場の番組「シャバめの僧さん」よりゲストにスポットライトを当てている。

 

red-room-a.hatenablog.com

 

伝説の369番勝負

ミルクボーイのMCはどちらかを決めるために、過酷なバトルを行うというもので、漫才劇場のメンバーがMCを務めたり、企画に参加したりする。

 

令和喜多みな実やタナからイケダ・田邊、ヘンダーソンキャタピラーズ・しげみうどんなど、芸歴長めの若手が登場しがち。

 

red-room-a.hatenablog.com

 

VTR出演で和牛が出たこともある。

 

罰ゲームが異常に厳しい。

 

駒場「第何回か誰も数えてない」

 

伝説のまっ裸トーク

銭湯に入りながら、そして湯上り処で牛乳を飲みながら30分、ゲストとトークをする企画。

 

売れた芸能人がやるような企画。

 

現在、4回放送されており、これまでのゲストはダブルアート・タグ、ツートライブ・周平魂、マイメストメモリーズ・花谷、ヒューマン中村

 

red-room-a.hatenablog.com

red-room-a.hatenablog.com

 

369番勝負に比べると勢いのあるメンバーが中心。

 

ヒューマン中村

防水加工したフリップでネタを披露した。

 

漫才劇場の若手芸人による長尺のトークが見れるのはこの番組だけ。

 

コマウツミ

元ネタは「セトウツミ」という漫画。映画化もされており、河川敷で決まったアングルのみで会話が進む。

 

5年前の映画だが。

 

話題だからとかではなく、ちょうどいいタイトルだったからというだけで堺にあるロケ地で収録する。

 

映像付きのラジオみたいな感じ。

 

原則としてゲストは呼ばない。

 

その他の企画

伝説のインスタライブでは「視聴者にバレないように指令を実行していく」の指令だけでなく、企画そのものや番組名すらバレていた。

視聴者「ミル伝か?」

 

ユニット「漫才ブーム」メンバー大集合では、ツートライブ、金属バット、デルマパンゲとミルクボーイの痛いエピソード暴露合戦。最後はミルクボーイがリクエストを受けて過去のネタを披露。

内海「ミルクボーイちゃんです」

 

 今後も展開が楽しみな番組である。

 

red-room-a.hatenablog.com

red-room-a.hatenablog.com